大人の生酵素@生酵素と酵素の違いを知らないと効果に差が出る?

222種類の酵素をはじめ、ヒアルロン酸やビタミンなど
補酵素も豊富に入っている

 

「大人の生酵素」

 

ところで、大人の生酵素って「生酵素」?

 

生酵素と酵素の違いってなに?

 

 

 

生酵素と酵素の違い

通常サプリメントをカプセル化する場合、
高温で加熱処理してカプセル状にして作られます。

 

加熱処理することで、殺菌と酸化を防止し、
長期保存ができるようになっているのです。

 

なので、「酵素」サプリは加熱処理がされています。

 

一方、生酵素サプリのような「生」でカプセル化する場合は、
加熱処理は一切していません。

 

48℃以上の熱を加えない「特殊低温カプセル製法」で作られます。
加熱処理と比べて、とても手間とコストがかかる製法です。

 

 

 

「生酵素」にこだわる理由

なぜ、手間とコストのかかる生酵素を作る必要があるのか?

 

それは、酵素の弱点にあります。

 

酵素は熱にとても弱いのです。

 

酵素は温度によって活性度が変化します。

 

酵素が活性化する最適な温度は37度くらい。
体温ほどの温度が酵素が最大活性する温度です。

 

低温になると酵素は不活性化します。

 

40度以上のになると急激に弱まり、酵素自体が破壊・変性してしまうのです。
製造過程で高温になってしまうと、酵素は働きを失ってしまうのです。

 

酵素を壊さないように非加熱で酵素を抽出したものが生酵素サプリなのです。
「生酵素」サプリは、酵素の特徴を最大限に活かすために作られたサプリメントです。

 

 

 

酵素ドリンクは必ず加熱処理されている

酵素はサプリ以外にも酵素ドリンクってありますよね。

 

酵素ドリンクの商品区分は清涼飲料水になっています。

 

清涼飲料水は食品衛生法の製造基準で
「容器包装に充填し、密栓もしくは密閉した後殺菌・除菌をしなければならない。」
と定められています。

 

つまり、最低でも65度以上で10分以上の加熱をすることが法律で義務付けられています。

 

なので、酵素ドリンクは製造過程で酵素は破壊されていしまっているのです。

 

酵素○○種!

 

と謳っている商品がたくさんありますが、効果は低いと考えられます。

 

 

 

大人の生酵素は「生」

大人の生酵素は「生」で抽出した生酵素サプリメント。

 

生きた酵素をしっかり摂ることで、
美容効果やダイエット効果を効果的に得ることができます。

 

 

222種の生酵素×ヒアルロン酸【 大人の生酵素 】

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加